おせち 2018

お正月食材で作る我が家の人気料理

野菜の宅配を利用していて、年末近くになると金時人参が入っています。最近ではスーパーでも見かける事も増えました。金時人参は普通の人参より色が濃くて鮮やかなのでお正月のおせちの旨煮には欠かせません。

 

普通の人参より皮に筋が多く入っています。わが家では通常人参は皮は剥かないで使用しますが

 

 

金時人参の場合は皮を剥いて使用します。


生でも食べれますが火を通した方が金時人参の本来の甘みが際立つ様な気がするのでわが家では煮たりする方が多いです。金時人参は長い形なので上の方は煮物に使い、下の方はダンダン細くなって煮物に向かないので大抵擦りおろして使います。

 

 

色が濃いのでキャロットライスは綺麗な色に仕上がります。


炊飯器にといた米と擦りおろした金時人参を入れて水を米の分量入れてそのまま炊きます。炊き終わったらバターと塩と胡椒を適量加えて混ぜれば出来上がりです。ほんのり人参の風味か感じられとても美味しいです。

 

 

カレーやハヤシルーをかけてもとても合います。


擦りおろした金時人参でドレッシングも簡単に出来ます。オリーブ油と塩胡椒、お酢と混ぜれば出来上がりです。ホットケーキに混ぜても綺麗な色合いになり朝食にピッタリです。

ひと工夫する我が家の百合根の食べ方

毎年、実家がお歳暮に百合根を沢山貰うのでわが家もお裾分けで貰います。おがくずの中で保存された状態で貰うのですが、この方法は長持ちするそうです。涼しい所に調理するまで置いておきます。

 

百合根は間に土がのこっている事が多いのでバラバラに剥がしていき水の中で降り洗いします。所々茶色く変色部分は食べても平気ですが、料理を白く綺麗に見せたいならばナイフなどで取った方が見栄えがよいです。

 

 

料理レピシですがわが家ではジャガイモの変わりとして使います。


お勧めなのが百合根のグラタンです。牛乳とチーズさえあれば簡単に出来ます。百合根をそのまま柔らかくなるまで牛乳で煮てあれば生クリーム少々かバターを加えて塩胡椒で味を整え耐熱皿に移してお好みのチーズをかけてオーブントーストで焼くだけです。ポテトサラダのポテトを百合根に変えるだけで百合根サラダにもなります。

 

 

ポテトサラダよりも上品な味わいになります。


甘い物にも百合根は合います。ユリ根を柔らかく煮て裏ごしして牛乳で伸ばし砂糖で好みの甘さにして白玉を入れると百合根のお汁粉が出来上がります。余りお金をかけず家にあるものと合わせて美味しく料理して百合根を食べています。

我が家おすすめのからし菜料理

我が家は辛い物が大好きで、からし菜やわさび菜などピリッと辛さがくる野菜はスーパーなので見かけると買います。価格は100円位から200円位と高くは無いので買いやすいです。からし菜は和辛子の原料にもなる独特の辛さが癖になる野菜です。

 

 

火を通すと辛さが薄れるので子供でも食べられます。


お浸しやみそ汁の具でも何でも利用出来ますが我が家では辛さを味わいたいので、あえて生食します。茎の部分は固いので他の料理に利用し、葉の部分を使います。まずはベーコンレタスサンドイッチのレタスの部分をからし菜に変えたサンドイッチ

 

からし菜の辛さが爽やかです。パンに塗る辛子は要りません。ホットドッグにからし菜を入れてもお勧めです。次にからし菜をのっけたサラダピザです。市販のピザ生地にピザソースとチーズをのせトースターで焼きます。

 

焼き終わったピザにからし菜をのせて出来上がり。

 

 

ルッコラのピザのからし菜版です。


出来立てはからし菜とチーズが合間って美味しいです。最後にほうれん草のベーコンサラダのほうれん草の部分をからし菜に変えたサラダはお勧めです。ピリッと辛いのにモリモリいけます。どれも簡単に出来るのでよく作ります。