脱毛器の人気調査隊最新報告書

MENU

脱毛器の人気調査隊最新報告書

調査隊が教える最新の報告書では人気脱毛器の購入者が増えているらしいです

 

脱毛は今や現代女性のお洒落のひとつでもあります。なので当調査隊による調べで以下の事がわかりました。題して「自宅派VS通う派」で比較した最新の報告書を紹介しますね。^^

 

  タイプ     割合     主な脱毛部位   脱毛方法 メリット
自宅派 約7割 脇を含む数箇所 家庭用光脱毛器 時間的な制約がない
通う派 約3割 脇及びVIO フラッシュ脱毛(専門サロン) 施術中もリラックスできる

 

今回の調査」でわかった事は脱毛サロンやクリニック利用者は女性全体の約3割なのでまだまだ自宅で処理する女性が多いと云う事でした。ですが、年代別でみると20代、30代の女性が殆どなので利用者3割といってもかなり増えてきているのは事実です。

 

確かに、プロに任せるという意味では安心で施術中もリラックスできますが、予約が自分の計画通りに取れなかったりデリケートな箇所は少し恥ずかしかったりもしますよね。ですがその反対に自宅で脱毛器を使用した処理だとリラックスはできませんが予約などの煩わしさもありません。

 

また、家庭用脱毛器は最新の機種だと熱線式(サーミコン)やシェービング式や光脱毛器と多種多用です。価格的にはサーミコンやシェービング式がオススメですが人気はダントツにフラッシュや家庭用のレーザー脱毛器です。

 

調査隊最新報告書の脱毛器人気ランキング

家庭用脱毛器の種類と特徴の最新報告書

その1:家庭用脱毛器の種類とその特徴

 

家庭用脱毛器には大きく分けて3種類あります。一つはフラッシュ方式、もう一つはレーザー方式、そしてサーミコン方式の3種類です。このうち一番古くから製造されていてメジャーなのがレーザー方式の脱毛器です。

 

レーザーを皮膚に当てることで毛根を傷つけ、脱毛する方法です。効果の高さと肌の負担が少ないのが特徴です。一方最も新しいのがフラッシュ方式です。光を当てることで肌の表面の温度を上げることなく毛根を傷つけ、脱毛することができるようになっています。

 

照射面積の広さによる処理時間の短さと痛みの少なさが特徴です。これら2つと比べてマイナーなのがサーミコン方式です。サーミコンで熱エネルギーをムダ毛に接触させて脱毛させます。サイズが一番コンパクトで持ち運びに便利なことと価格が3種類の方法の中で最も低価格なことが特徴です。

 

その2:家庭用脱毛器の脱毛メカニズム

 

家庭用脱毛器は、おうちでも簡単に脱毛をすることができるので、カミソリでいつも自分の脱毛を処理しているけれど、すぐにムダ毛がまた生えてきてしまって、そのチクチクする肌触りに堪えられないというひとにはもってこいの機器です。

 

単純に毛抜きでムダ毛を抜くようなメカニズムで、高速に回転する機械でムダ毛を抜いていくタイプの家庭用脱毛器は、抜いてから一定程度はムダ毛が生えてきませんから、今すぐにツルツルの肌になりたいという人には向いています。

 

しかし、毛穴からがんこな太いムダ毛を抜く時や皮膚がうすい場所のムダ毛を抜くときには若干の痛みがともなうことがあります。最近の家庭用脱毛器には、そういった痛みを少しでも抑えるために肌を押さえるやわはだガードという機能がついているものもあります。

 

これによって皮膚への刺激を最小限にしています。