脱毛器選びで失敗しないポイント7

MENU

脱毛器選びで失敗しないポイント7

家庭用脱毛器を選ぶにも一度も購入した事のない人が失敗しない脱毛器を選ぶのは実に難しい事なんです。正直なところ販売している公式サイトを閲覧しているだけでは中々デメリットは見えてきません。

 

なので実際に使用すれば本当の使用感や効果もわかります。ですがお金に相当余裕があるか、相当な脱毛マニアでない限り何台も購入する事なんてありえない事ですよね。そこで失敗しない7つのポイントだけでもしっかり押さえて良い脱毛器を選びましょう。

 

  • コストを比較(消耗品の価格と消耗頻度)
  • 脱毛できる時間を比較
  • 出力レベルを比較(フラッシュやレーザー脱毛器の場合)
  • 肌チェックサービスの確認
  • 購入後の保証の確認
  • 相談窓口の確認
  • 脱毛可能箇所の確認

 

以上が脱毛器選びで失敗しない7つのポイントです。使用感や効果というのは実際に購入してみなければわかりませんが前述したポイントであれば公式サイトや直接販売しているところへ問い合わせてみれば確認できるので邪魔くさがらずにトライしてみましょう。

 

失敗しないオススメの脱毛器

家庭用脱毛器選びで失敗しないコツとは?

家庭用脱毛器のデメリットを知っておく事

 

レーザー脱毛やフラッシュ脱毛と言われるいわゆる光を照射する脱毛も、今ではサロンのみならず家庭でも気軽に行えるようになりました。

 

家庭用脱毛器は、脱毛したいと思い立ったらすぐにできるので便利ですし、何回でもできたり、何人かで使い回しができるので、使う回数によっては一回あたりのコストが非常に安くなります。また、全身に使えるので根気よく全身脱毛をすることも可能です。

 

しかし、デメリットもあります。家庭用脱毛器は、光のエネルギーがサロンで使われている脱毛器より弱いため、回数を多く打たなくては完全に脱毛することはできません。手が届かない場所は、誰か人にやってもらわないといけませんし、常に危険は伴います。

 

また、肌のチェックやアフターフォローも全て自己責任で行わなければいけません。肌が弱い人や、その時たまたま肌あれしているだけでも炎症を起こしたり赤くなったりすることもあります。脱毛器の価格はいろいろですが、安くても数万円しますので、一回で使わなくなるというのは非常に損です。

 

光脱毛とは、どういうものか知る意味でも一度サロンで施術を受けてから購入してみても良いかもしれませんね。

 

家庭用脱毛器のコストってどう?

 

私はワキ毛を最初はカミソリで剃って処理していた。それが面倒になり、抜くタイプの家庭用脱毛器を買った。これが当時結構高かった。しかも痛い。使う前にはかなり勇気が要る。脱毛器を脇の上に滑らせて抜いていくので一本一本抜くより一度に広範囲の毛を抜くことができる。

 

でも、そこは機械。見逃してしまう毛があったり、毛の向きが違うとなかなか抜けなかったりする。元々、脇の毛は一定方向に生えていないから一度に抜くのは難しい。一度、脇の処理をしていて付けていた髪のウィッグが脱毛器に巻き付いて大変な思いをしたことがある。

 

最近は量販店でもあまり見かけないけど、まだ存在するのだろうか?最近の家庭用脱毛器と言えば、レーザー脱毛やフラッシュ脱毛が主流。コストもかかるが好きなときに脱毛できるのがメリット。コスト的には本当に結構高いので部位や範囲によってはサロンで脱毛した方が安い場合もある。

 

最初は肌の状態を見てもらうためにもサロンで脱毛した方が良さそう。